日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

32歳差婚のラサール石井 「家のローン80歳まで払わないと…」

 これだけの喜劇人が集まれば、その人生も悲喜こもごもか――。

 10日、新橋演舞場6月公演「プリティウーマンの勝手にボディガード」の製作発表会が都内で行われ、座長・三宅裕司(63)のほか、小倉久寛(60)、渡辺正行(59)、ラサール石井(59)、東貴博(45)、大地真央(59)ら豪華出演陣が出席した。

 舞台となるキャバレーの社長を演じるラサール石井は、2012年に32歳差の当時女子大生だった一般女性と結婚し、3年目になる。

「今年で還暦を迎えるのですが、嫁が還暦のお祝いに赤い車をプレゼントしてくれる予定なんです」とのろけたラサールだが、テレビ番組で”年下妻のためにお金を使いまくっている”と明かしたことも。実際、「家のローンがまだ20年ありまして…80歳まで払い続けないといけないので、その分稼がないと」と不安げに決意を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事