日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有吉抜き 年末年始“出ずっぱり芸人”におぎやはぎのナゼ?

 今年も残すところ10日ばかり、各テレビ情報誌は年末年始特集やタレントスケジュールを掲載している。そんな中、「情報量の多さでは老舗雑誌『週刊TVガイド』を上回る」(関係者)といわれる「ザテレビジョン」の「タレント出演スケジュール」(12月19日~1月17日)には仰天だ。

 年末年始出ずっぱりタレントの1位がビートたけし(19本)なのは分かるとして、超売れっ子・有吉弘行とともに2位にランクされたのは、なんと、おぎやはぎ(いずれも18本)だった。さらに言えば、矢作兼単独の出演も4本あり、これを加えるとたけしを抜いてトップに躍り出てしまうのである。

「つい先日、ニホンモニターが発表した『2015年テレビ番組出演ランキング』では1位が国分太一で以下、設楽統(バナナマン)、澤部佑(ハライチ)、加藤浩次、坂上忍、有吉弘行、小島瑠璃子、春日俊彰(オードリー)という順番で、おぎやはぎはベスト20にも顔を出していませんでした」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事