日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP解散騒動が財界も直撃…「嵐」関連銘柄に期待高まる

「SMAP解散」報道は、経済界にも衝撃をもたらした。人気グループだけに、CMに起用している企業も多い。

 SMAPのメンバーをCMに登場させている大手企業は、「ジャニーズ事務所から連絡はあったかという問い合わせが、週刊誌やスポーツ新聞だけでなく、一般紙からも相次ぎました。あらためて、影響の大きさに驚きました」という。

 SMAPの5人が揃ってCM出演しているのはセブン&アイHDとユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイの2社だ。

「現状では何も聞いていないので答えようがない」(セブン&アイHDの広報担当者)

 傘下のセブン―イレブンは、テレビ番組「SMAP×SMAP」の人気コーナー「ビストロSMAP」とのコラボ商品を第4弾まで発売している。通常の新商品に比べ、スイーツなどモノによっては倍以上の売れ行きを見せるケースがあったというから、番組終了となれば痛手だ。業績にも影響を与えかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事