• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

遺作の新譜は売り切れ デビッド・ボウイ「追悼」企画続々

 10日に肝臓がんで69歳の生涯を閉じたデビッド・ボウイ。氷室京介ら日本のミュージシャンにも多大な影響を与えたことで知られる。この悲報を聞いて都内のレコード店は追悼コーナーを次々設置。タワーレコード渋谷店では遺作「★」(ブラックスター)が売り切れとなった。

 USENも急きょ、「追悼特別番組」を放送(来月14日まで)。また、スマートフォン向け「スマホでUSEN」でも彼の音楽特集を配信中だ。同様に「スカパー!」も2カ月先まで追悼特番を組んでいる。

 一方、マニアの間で注目を集めているのが、石ノ森章太郎が77年に音楽情報誌に描いた「デビッド・ボウイの漫画」。デビッド・ボウイが実は、異次元宇宙からやってきた宇宙人だという設定で、地球人のミック・ジャガーに対し、「君は悪魔をよそおっているが、ボクは悪魔そのものさ」と毒舌を吐いている。

 もし今もこの雑誌を持っている人がいれば、数十万円の価値になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る