遺作の新譜は売り切れ デビッド・ボウイ「追悼」企画続々

公開日: 更新日:

 10日に肝臓がんで69歳の生涯を閉じたデビッド・ボウイ。氷室京介ら日本のミュージシャンにも多大な影響を与えたことで知られる。この悲報を聞いて都内のレコード店は追悼コーナーを次々設置。タワーレコード渋谷店では遺作「★」(ブラックスター)が売り切れとなった。

 USENも急きょ、「追悼特別番組」を放送(来月14日まで)。また、スマートフォン向け「スマホでUSEN」でも彼の音楽特集を配信中だ。同様に「スカパー!」も2カ月先まで追悼特番を組んでいる。

 一方、マニアの間で注目を集めているのが、石ノ森章太郎が77年に音楽情報誌に描いた「デビッド・ボウイの漫画」。デビッド・ボウイが実は、異次元宇宙からやってきた宇宙人だという設定で、地球人のミック・ジャガーに対し、「君は悪魔をよそおっているが、ボクは悪魔そのものさ」と毒舌を吐いている。

 もし今もこの雑誌を持っている人がいれば、数十万円の価値になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る