ファンクラブも活動終了…堀北真希は芸能界「寿引退」決意か

公開日:  更新日:

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」やNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」でヒロインを務めるなど国民的女優に成長した堀北真希(26)。そんなホマキを射止めたのが、ひと回りも年上の“プレーボーイ”山本耕史(38)だというので、ファンからは祝福と同時に怨嗟の声が湧き上がっている。

 24日放送の「とくダネ!」の独占インタビューで山本が語ったところによると、6年前のドラマで初共演した際は連絡先を聞いたものの、教えられたのは事務所の電話番号。翌年もドラマで共演し、クランクアップの日に飲みに誘ったが、「行きません」と断られて撃沈。その後、互いのドラマの撮影スタジオが隣で、衣装のまま顔を出すも「もう来なくていいですから」とまで言われたという。

 それでも山本は諦めず、今年5月に舞台「嵐が丘」で共演すると毎日のように計40通もの“手紙攻撃”を仕掛け、後日、堀北が京都に新幹線で向かうと聞きつけるや、同じ車内に乗り込んで「交際じゃなくて、『結婚しましょう』と言いました」と指輪を渡し、見事、本懐を遂げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る