• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンクラブも活動終了…堀北真希は芸能界「寿引退」決意か

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」やNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」でヒロインを務めるなど国民的女優に成長した堀北真希(26)。そんなホマキを射止めたのが、ひと回りも年上の“プレーボーイ”山本耕史(38)だというので、ファンからは祝福と同時に怨嗟の声が湧き上がっている。

 24日放送の「とくダネ!」の独占インタビューで山本が語ったところによると、6年前のドラマで初共演した際は連絡先を聞いたものの、教えられたのは事務所の電話番号。翌年もドラマで共演し、クランクアップの日に飲みに誘ったが、「行きません」と断られて撃沈。その後、互いのドラマの撮影スタジオが隣で、衣装のまま顔を出すも「もう来なくていいですから」とまで言われたという。

 それでも山本は諦めず、今年5月に舞台「嵐が丘」で共演すると毎日のように計40通もの“手紙攻撃”を仕掛け、後日、堀北が京都に新幹線で向かうと聞きつけるや、同じ車内に乗り込んで「交際じゃなくて、『結婚しましょう』と言いました」と指輪を渡し、見事、本懐を遂げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る