ファンクラブも活動終了…堀北真希は芸能界「寿引退」決意か

公開日: 更新日:

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」やNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」でヒロインを務めるなど国民的女優に成長した堀北真希(26)。そんなホマキを射止めたのが、ひと回りも年上の“プレーボーイ”山本耕史(38)だというので、ファンからは祝福と同時に怨嗟の声が湧き上がっている。

 24日放送の「とくダネ!」の独占インタビューで山本が語ったところによると、6年前のドラマで初共演した際は連絡先を聞いたものの、教えられたのは事務所の電話番号。翌年もドラマで共演し、クランクアップの日に飲みに誘ったが、「行きません」と断られて撃沈。その後、互いのドラマの撮影スタジオが隣で、衣装のまま顔を出すも「もう来なくていいですから」とまで言われたという。

 それでも山本は諦めず、今年5月に舞台「嵐が丘」で共演すると毎日のように計40通もの“手紙攻撃”を仕掛け、後日、堀北が京都に新幹線で向かうと聞きつけるや、同じ車内に乗り込んで「交際じゃなくて、『結婚しましょう』と言いました」と指輪を渡し、見事、本懐を遂げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る