交際期間ゼロで入籍 堀北真希は「清純派女優」の究極スタイル

公開日:  更新日:

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

「清純派」とは女優の意思に関係なく付けられたイメージである。古くは吉永小百合、沢口靖子がそう呼ばれた。吉永はすでに結婚しているが、今もなお“清純派女優”の冠は不動。沢口も清純派のイメージのまま女優としての地位を確立。主演ドラマ「科捜研の女」は放送15周年。「相棒」よりも古く、テレ朝の隠れた看板ドラマになっている。

 浮いた話もなく今も独身の私生活は謎めいたまま。まさに正真正銘の清純派。この2人の流れをくむ若手女優が長澤まさみと堀北真希とみられていた。沢口と同じ事務所の長澤は先輩の後継者となるべく「清純派」として売り出したが、奔放な恋愛が週刊誌で暴かれた。本来、虚像の女優業と私生活は関係ないはずだが、見る側はかぶせて見てしまう。清純派も色あせた感は否めない。長澤も割り切ったように美脚や胸を強調する服を着るようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る