新曲決まったが…中森明菜「完全復活」への険しい道のり

公開日:  更新日:

 中森明菜(50)が24日に新曲を出すとかで、スポーツ各紙が「完全復活」などと騒いでいる。新曲はポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一が書き下ろしたもので、タイトルは「ひらり―SAKURA―」。明菜が桜をテーマにした歌を歌うのは初めてなんだそうな。それはともかく、これをもって本当に「完全復活」と言えるのか。「とんでもありません」と全面否定するのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

「明菜の最大の欠点はわがままというか、情緒不安定なところ。実は僕は明菜が全盛期のスケジュール帳を見せてもらったことがあるんですが、あれだけテレビに出ずっぱりだったのに、そこに書かれていたのは月に4本の『ザ・ベストテン』(TBS)だけでした。関係者に理由を尋ねると“当日になってドタキャンするのでスケジュールが切れない”という答えでした。この癖がなおらない限り『完全復活』とは言えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る