天然鳴り潜め 浅田美代子がFBで訴える「動物愛護」の主張

公開日:  更新日:

「これって、あの美代ちゃん?」――フェイスブック利用者の間で、こんな会話が交わされている。「美代ちゃん」とは女優・浅田美代子(60)のこと。テレビで見せる“天然ぶり”と違って、FBの書き込みは動物愛護について、やたら大真面目なことから、「ホントに同一人物か?」と話題になっているのだ。たとえば、最近の書き込みはこんな具合。

〈次回の法改正では長年の悲願であって8週齢規制が実現することを願います〉

〈こんな当たり前のことが、通らない日本の愛護法はおかしいよね!!〉

 あの美代ちゃんからは想像できないが、結論から言うと、この書き込みの人は同一人物。

「物心ついた時から家に犬のいる生活を送っていて、もともと“愛犬家”ではあったようですが、ニュースで“殺処分”などのことを知り、実際に繁殖業者のところに行ったら、その劣悪な環境に驚かされ、真剣に考えるようになったといいます。2012年からは動物愛護団体『フリーペッツ』の活動に参加し、昨年からは殺処分をなくす『TOKYO ZERO』のメンバーにもなっています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る