日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シャープ名物ツイッターが買収に反応「自分なりの進化論」

 台湾の家電メーカー・鴻海の傘下に入ることが決まったシャープ。日本を代表する家電メーカーの外資への身売りを各メディアが一斉に報じる中、同社の公式ツイッターが注目を集めている。

 買収が決まったことが報道された25日正午過ぎ、シャープの公式ツイッターは「こマ?」とひと言。「これマジ?」を略した驚きを表すネットスラングだが、続けて「自分なりの進化論」と意味深なメッセージを載せた。

 同アカウントは以前から“ゆるい”ツイートで知られ、ネットユーザーに好評を博してきた。

 2013年3月に韓国のサムスン電子がシャープに出資することを発表した際には、技術流出を懸念するユーザーから怒りの声が殺到。そんな中、公式ツイッターは「私のことは嫌いになっても…シャープの製品のことは嫌いにならないでください」とつぶやいた。前田敦子(24)のAKB総選挙での発言にちなんだもので、フォロワーからは<お前、勇気あるな。気に入ったぞ>などと好意的な反応が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事