• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハーフ不利でも 遠藤新菜「無伴奏」で挑んだ体当たり艶技

 遠藤新菜、21歳。今週26日公開の映画「無伴奏」(小池真理子原作、矢崎仁司監督)では主要キャストのひとりに大抜擢され、“オトコ壇蜜”の異名をもつ俳優・斎藤工(34)を相手にトップレスの大胆な濡れ場にも挑戦している。

 1970年代の仙台を舞台に4人の男女の恋模様を耽美的に描いた「無伴奏」。主演の成海璃子(23)をはじめ、池松壮亮(25)、斎藤というメジャーどころが名を連ねる中、遠藤ひとりだけマイナーだ。が、恐れや不安を感じるどころか「うれしいという気持ちしかなかった。芝居に説得力のある3人が揃うなら、私が観客だったら絶対に見に行きます」。

 高校生の頃からワークショップに参加し演技の勉強をスタート。「何かしら周囲の印象に残ればいい」と参加した劇団アロッタファジャイナ主宰・松枝佳紀氏のワークショップでプロデューサーの目に留まり、役を射止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る