ハーフ不利でも 遠藤新菜「無伴奏」で挑んだ体当たり艶技

公開日:  更新日:

 遠藤新菜、21歳。今週26日公開の映画「無伴奏」(小池真理子原作、矢崎仁司監督)では主要キャストのひとりに大抜擢され、“オトコ壇蜜”の異名をもつ俳優・斎藤工(34)を相手にトップレスの大胆な濡れ場にも挑戦している。

 1970年代の仙台を舞台に4人の男女の恋模様を耽美的に描いた「無伴奏」。主演の成海璃子(23)をはじめ、池松壮亮(25)、斎藤というメジャーどころが名を連ねる中、遠藤ひとりだけマイナーだ。が、恐れや不安を感じるどころか「うれしいという気持ちしかなかった。芝居に説得力のある3人が揃うなら、私が観客だったら絶対に見に行きます」。

 高校生の頃からワークショップに参加し演技の勉強をスタート。「何かしら周囲の印象に残ればいい」と参加した劇団アロッタファジャイナ主宰・松枝佳紀氏のワークショップでプロデューサーの目に留まり、役を射止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る