ゲス川谷への“決別状”で ベッキーが計る復帰のタイミング

公開日:  更新日:

 手紙は郵送ではなく、社長からの手渡しだったという。

 世間を驚かせたベッキー(32)と「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の不倫騒動から約4カ月。川谷本人やその妻がスクープを報じた「週刊文春」の取材に応じる中、ベッキーだけが沈黙を貫いていた。

 同誌は何度も取材を申し込んだようだが、その断りの返事として、ベッキー自身が自筆で手紙をしたためて話題になっている。発売中の同誌はその全文を掲載。そこにはこんな言葉がつづられている。

〈離婚が成立するまでは、友達のままでいようという約束がありましたので“友人関係である”という言葉を選んでしまいました。しかし私の行動を考えると恋愛関係だったというべきでした。(中略)当時の私は好きという気持ちが大きく、周りもみえず、本当に愚かでした〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る