不倫醜聞でも武道館満員 ゲス川谷の人気はホンモノなのか

公開日: 更新日:

 “ゲス不倫”の張本人である川谷絵音(27)率いる4人組バンド「ゲスの極み乙女。」が30日、初の武道館ライブを開催した。

 チケットの販売が芳しくなく、オークションサイトでも売れ残っているとかで、ネット上では彼らのヒット曲「ロマンスがありあまる」に引っ掛けて「チケットがありあまる」と揶揄する書き込みもちらほら。

 ところが、実際に記者が足を運んでみると会場は満員御礼状態! ダフ屋が出るほどの盛況ぶりで、肩すかしをくらってしまった。

 高松、岡山、広島に続くステージで声が枯れ気味だったことも影響したのか、普段は冗舌だというMCもこの日は短め。「世間の誰に謝ればいいの?」「正直、内輪での話だからみんな関係ないじゃん」といった過去に発した挑発的な言葉も封印していた。

 もっとも、ステージはパワフルで、騒動のダメージをみじんも感じさせない。「ロマンス――」を皮切りに「私以外私じゃないの」とヒットナンバー含む全21曲を披露。アンコールで「しゃべらないで本編が終わったのは初めてかも。いつもライブに来てくれているお客さんもアイツの長げぇ話がないって思ったよね!?」と言うぐらい楽曲に集中していた。

 ベッキー(32)との不倫騒動が発覚した直後にリリースしたセカンドアルバム「両成敗」は大ヒット。スキャンダルを乗り越えて武道館も満席とは人気も本物かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る