不倫醜聞でも武道館満員 ゲス川谷の人気はホンモノなのか

公開日: 更新日:

 “ゲス不倫”の張本人である川谷絵音(27)率いる4人組バンド「ゲスの極み乙女。」が30日、初の武道館ライブを開催した。

 チケットの販売が芳しくなく、オークションサイトでも売れ残っているとかで、ネット上では彼らのヒット曲「ロマンスがありあまる」に引っ掛けて「チケットがありあまる」と揶揄する書き込みもちらほら。

 ところが、実際に記者が足を運んでみると会場は満員御礼状態! ダフ屋が出るほどの盛況ぶりで、肩すかしをくらってしまった。

 高松、岡山、広島に続くステージで声が枯れ気味だったことも影響したのか、普段は冗舌だというMCもこの日は短め。「世間の誰に謝ればいいの?」「正直、内輪での話だからみんな関係ないじゃん」といった過去に発した挑発的な言葉も封印していた。

 もっとも、ステージはパワフルで、騒動のダメージをみじんも感じさせない。「ロマンス――」を皮切りに「私以外私じゃないの」とヒットナンバー含む全21曲を披露。アンコールで「しゃべらないで本編が終わったのは初めてかも。いつもライブに来てくれているお客さんもアイツの長げぇ話がないって思ったよね!?」と言うぐらい楽曲に集中していた。

 ベッキー(32)との不倫騒動が発覚した直後にリリースしたセカンドアルバム「両成敗」は大ヒット。スキャンダルを乗り越えて武道館も満席とは人気も本物かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る