「せこ過ぎる」 ビートたけしが舛添都知事をメッタ斬り!

公開日:  更新日:

 24日に行われた「第17回叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」。プレー終了後の記者会見でビートたけし(69)が報道陣からの質問を受け、世間を賑わせているニュースについて言及した。

「別に謝ることねえって思うんだよ。芸人なんかそんなもんだし。ただ、今の時代はネットがあって一般の人(の意見)が強い。CMスポンサーの兼ね合いもある。俺らの商売はお客さまが大切」とは不倫騒動が収束しそうなベッキー(32)について。

 スキャンダルについては“大先輩”らしくおもんぱかったのとは対照的に、「やることがせこ過ぎる」と一刀両断したのは、政治資金問題で玉虫色の発言を繰り返す舛添要一東京都知事(67)についてだ。

「精査なんかしなくたって、単なる万引の子どもを捕まえるみたいなもんだよ。チョロまかしただけなんだから。都知事の職は辞めた方がいいけど、問題は後任。うちのハゲ国原(東国原英夫)じゃどうしようもないし。橋下(徹)だと都構想が実現しちゃうしなあ」と“たけし節”を炸裂させていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る