武器は“ウザイ” NHK次期大河の命運握るムロツヨシの演技

公開日: 更新日:

 つい2、3年前まで役者だけでは食えず、事務所社長にカネを無心する日々を送っていたという苦労人(?)が大抜擢だ。俳優のムロツヨシ(40)。26日に行われた柴咲コウ(34)主演による17年のNHK大河「おんな城主 直虎」キャスト発表会見で新たに14人の主要キャストが発表され、ムロもそのひとりに名を連ねた。

 4月期の連ドラ「重版出来!」(TBS系)では“万年”漫画家アシスタント役の演技が涙を誘うと評判になったが、ここ最近、露出度がグンと増えている。ブレークのきっかけは、13年度後期の朝ドラ「ごちそうさん」。気難しいのにどこか憎めない建築家役の演技が話題となり、お茶の間に顔と名前を売った。

 大河「直虎」は、ごちそうさんの制作統括を務めた岡本幸江チーフプロデューサーと脚本も同じく森下佳子氏が担当。出世作の“ごちそうさんコンビ”からお声がかかり、喜びもひとしおだったようだが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る