• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキーは破局したが…「不倫から結婚」の正しいお作法

 世間を騒がせたゲス不倫は、破局に終わった格好だが、妻との離婚を発表した男は先週末、それまでの強気から一転、交際を認めた上、もうひとつのバンドで新曲を発表。「君が好きだってこと以外は」「この際どうだっていい」と彼女への未練をうかがわせるフレーズをつづっている。

「どんなに強がっていても、男はしょせん20代。不倫の作法がわかっていないねぇ……」

 銀座の高級クラブから夜の蝶2人を連れて出てきた50代の紳士に話を聞くと、こんな答えが返ってきた。

 不倫は決してほめられたことではないが、一線を越えてしまう男女は少なからずいる。その関係を続ける限り、相手や家族への最低限の礼儀があるだろうというわけだ。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「スキャンダルを暴かれる芸能人はともかく、一般の方の男女関係なら、家族にバレないようにするのが最低限のマナー。周囲をギクシャクさせることなく、妻との関係を断ち、不倫からの結婚をうまく成就させることができれば、2人の株は上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る