ベッキーは破局したが…「不倫から結婚」の正しいお作法

公開日:  更新日:

 世間を騒がせたゲス不倫は、破局に終わった格好だが、妻との離婚を発表した男は先週末、それまでの強気から一転、交際を認めた上、もうひとつのバンドで新曲を発表。「君が好きだってこと以外は」「この際どうだっていい」と彼女への未練をうかがわせるフレーズをつづっている。

「どんなに強がっていても、男はしょせん20代。不倫の作法がわかっていないねぇ……」

 銀座の高級クラブから夜の蝶2人を連れて出てきた50代の紳士に話を聞くと、こんな答えが返ってきた。

 不倫は決してほめられたことではないが、一線を越えてしまう男女は少なからずいる。その関係を続ける限り、相手や家族への最低限の礼儀があるだろうというわけだ。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「スキャンダルを暴かれる芸能人はともかく、一般の方の男女関係なら、家族にバレないようにするのが最低限のマナー。周囲をギクシャクさせることなく、妻との関係を断ち、不倫からの結婚をうまく成就させることができれば、2人の株は上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る