• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米倉には勝てない…「ドクターX」復活で他局は厭戦ムード

 主役・米倉涼子(40)のプライベートな問題などで、昨年は一回お休みとなったあの“お化け番組”が帰ってくる。テレビ朝日は21日、米倉主演「ドクターX」の第4弾(木曜夜9時~)を10月から放送することを発表した。この情報を受けて、他局のテレビマンの間では、すでに“厭戦気分”が広がっている。

 なにしろこの番組、放送すれば視聴率20%は確実といわれる番組だからだ。12年の第1弾から平均視聴率19.1%で同年の民放ドラマ1位、翌年の第2弾はさらに数字を上げ、平均23%。第3シリーズも22.9%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)で、これまた年間全ドラマの中で最高視聴率を叩き出した。

 もちろん他局の「木9枠」は“死屍累々”で、12年にTBSが放送した「レジデント」(仲里依紗主演)は平均6.62%。翌年、同じくTBSが放送した「夫のカノジョ」(川口春奈主演)は3.87%で、14年は「MOZU2」を11月まで、それ以降は「ママとパパが生きる理由。」を放送するという変則体制をとってみたが、いずれも6%台の数字で、TBSはついに「木9ドラマ」枠を廃止してしまったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る