米倉には勝てない…「ドクターX」復活で他局は厭戦ムード

公開日: 更新日:

 主役・米倉涼子(40)のプライベートな問題などで、昨年は一回お休みとなったあの“お化け番組”が帰ってくる。テレビ朝日は21日、米倉主演「ドクターX」の第4弾(木曜夜9時~)を10月から放送することを発表した。この情報を受けて、他局のテレビマンの間では、すでに“厭戦気分”が広がっている。

 なにしろこの番組、放送すれば視聴率20%は確実といわれる番組だからだ。12年の第1弾から平均視聴率19.1%で同年の民放ドラマ1位、翌年の第2弾はさらに数字を上げ、平均23%。第3シリーズも22.9%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)で、これまた年間全ドラマの中で最高視聴率を叩き出した。

 もちろん他局の「木9枠」は“死屍累々”で、12年にTBSが放送した「レジデント」(仲里依紗主演)は平均6.62%。翌年、同じくTBSが放送した「夫のカノジョ」(川口春奈主演)は3.87%で、14年は「MOZU2」を11月まで、それ以降は「ママとパパが生きる理由。」を放送するという変則体制をとってみたが、いずれも6%台の数字で、TBSはついに「木9ドラマ」枠を廃止してしまったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る