米倉には勝てない…「ドクターX」復活で他局は厭戦ムード

公開日:  更新日:

 主役・米倉涼子(40)のプライベートな問題などで、昨年は一回お休みとなったあの“お化け番組”が帰ってくる。テレビ朝日は21日、米倉主演「ドクターX」の第4弾(木曜夜9時~)を10月から放送することを発表した。この情報を受けて、他局のテレビマンの間では、すでに“厭戦気分”が広がっている。

 なにしろこの番組、放送すれば視聴率20%は確実といわれる番組だからだ。12年の第1弾から平均視聴率19.1%で同年の民放ドラマ1位、翌年の第2弾はさらに数字を上げ、平均23%。第3シリーズも22.9%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)で、これまた年間全ドラマの中で最高視聴率を叩き出した。

 もちろん他局の「木9枠」は“死屍累々”で、12年にTBSが放送した「レジデント」(仲里依紗主演)は平均6.62%。翌年、同じくTBSが放送した「夫のカノジョ」(川口春奈主演)は3.87%で、14年は「MOZU2」を11月まで、それ以降は「ママとパパが生きる理由。」を放送するという変則体制をとってみたが、いずれも6%台の数字で、TBSはついに「木9ドラマ」枠を廃止してしまったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る