不倫“ご意見番”拒否 矢口真里はPRイベントで完全復活期す

公開日:  更新日:

 28日、矢口真里(33)が都内で行われたリラクゼーションサロン「りらくる」PRイベントに登場した。

 2011年に俳優の中村昌也(30)と結婚した矢口は、自宅での“間男”不倫がバレて13年に離婚。芸能活動を休止したのち14年に復帰した、いわば「ゲス不倫」の先駆者だ。

 復帰後もスポンサーのアレルギーは根深く、仕事は激減。その後、バラエティー番組で徐々に出演機会を増やすも、昨年3月には元「モーニング娘。」の辻希美、高橋愛と3人で脱毛エステ店のCMキャラクターに起用されたが、3カ月後にひとりだけ“卒業”。今春には「日清食品カップヌードル」のCMに起用されたが、視聴者からのクレームで放送開始1週間で中止に。

 それだけに、今回のスポンサーイベントは矢口にとっては非常に大切な仕事のようで……。

 イベント前には、報道陣に矢口の事務所関係者が近づき、「どんなことを聞かれます?」と逆取材する厳戒態勢。しかし当の本人は、今年に入って増えた女芸人さながらの体を張る過酷な仕事もやる気満々のようで、「お仕事がガラッと変わった。アイドルじゃないところにいったと思った」と苦笑しつつ、「未知の世界なので楽しい。私は失うものはひとつもないので、叩かれるなら思いっきりやりたい。笑いは取れないけど、体を張ることはできるので、健康なうちは体を動かしたいです」と意気込みを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る