• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫“ご意見番”拒否 矢口真里はPRイベントで完全復活期す

 28日、矢口真里(33)が都内で行われたリラクゼーションサロン「りらくる」PRイベントに登場した。

 2011年に俳優の中村昌也(30)と結婚した矢口は、自宅での“間男”不倫がバレて13年に離婚。芸能活動を休止したのち14年に復帰した、いわば「ゲス不倫」の先駆者だ。

 復帰後もスポンサーのアレルギーは根深く、仕事は激減。その後、バラエティー番組で徐々に出演機会を増やすも、昨年3月には元「モーニング娘。」の辻希美、高橋愛と3人で脱毛エステ店のCMキャラクターに起用されたが、3カ月後にひとりだけ“卒業”。今春には「日清食品カップヌードル」のCMに起用されたが、視聴者からのクレームで放送開始1週間で中止に。

 それだけに、今回のスポンサーイベントは矢口にとっては非常に大切な仕事のようで……。

 イベント前には、報道陣に矢口の事務所関係者が近づき、「どんなことを聞かれます?」と逆取材する厳戒態勢。しかし当の本人は、今年に入って増えた女芸人さながらの体を張る過酷な仕事もやる気満々のようで、「お仕事がガラッと変わった。アイドルじゃないところにいったと思った」と苦笑しつつ、「未知の世界なので楽しい。私は失うものはひとつもないので、叩かれるなら思いっきりやりたい。笑いは取れないけど、体を張ることはできるので、健康なうちは体を動かしたいです」と意気込みを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る