広瀬久美子 “1本の電話”から始まった永六輔さんとの交流

公開日: 更新日:

「広瀬さん、永さんから電話が入ってます」――。

 NHKの人に言われた時はビックリしました。当時、私は土曜の午後からNHKラジオで「土曜サロン」という番組を担当してた。一方、永さんは同じ時間帯にTBSで「土曜ワイド」を担当してらして、私が言うのもおこがましいですが、言わば“ライバル”同士。その永さんから何の電話だろう、と。

 さらに驚いたのはその後。電話口に出ると、なんと「広瀬さん、『土曜ワイド』に出てくれないか」ですって。なんでも、永さんの担当する番組で各局アナウンサーの人気投票をやったところ、私が1位になったので、「ぜひ出てほしい」というのです。

 NHKの私が他局に出てもいいのか。上司に相談したところ、OKが出ました。同じ時間帯とはいえ、ちょっとズレていたので、5分程度おしゃべりして、NHKに取って返したのを覚えています。内容は――もう忘れちゃいました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る