広瀬久美子 “1本の電話”から始まった永六輔さんとの交流

公開日: 更新日:

「広瀬さん、永さんから電話が入ってます」――。

 NHKの人に言われた時はビックリしました。当時、私は土曜の午後からNHKラジオで「土曜サロン」という番組を担当してた。一方、永さんは同じ時間帯にTBSで「土曜ワイド」を担当してらして、私が言うのもおこがましいですが、言わば“ライバル”同士。その永さんから何の電話だろう、と。

 さらに驚いたのはその後。電話口に出ると、なんと「広瀬さん、『土曜ワイド』に出てくれないか」ですって。なんでも、永さんの担当する番組で各局アナウンサーの人気投票をやったところ、私が1位になったので、「ぜひ出てほしい」というのです。

 NHKの私が他局に出てもいいのか。上司に相談したところ、OKが出ました。同じ時間帯とはいえ、ちょっとズレていたので、5分程度おしゃべりして、NHKに取って返したのを覚えています。内容は――もう忘れちゃいました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る