禊ぎ済んだはずが…活動再開のベッキー“低空飛行”の理由

公開日:  更新日:

 写真投稿サービス「インスタグラム」にベッキー(32)がこのほど投稿したとみられる内容から、今の心境がうかがえそうだ。

 投稿されたのは、ジーンズとピンクのハイヒールを写した画像1枚。今月5日にインスタグラム再開後、2度目の投稿であったが、本人コメントはなく、「ピン(ク)ヒール」とタイトルが一言あるのみ。

「ベッキー頑張って」「待ってる」といったメッセージが多数寄せられたものの、一切の反応をしていない。

 バンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫騒動を決着させ、BSスカパー!の音楽番組出演で芸能活動を復帰させたベッキー。本人は「さぁこれから」と意気込んだのだろうが、そんな思いと裏腹、とんと仕事が来ないようだ。

「それでギャラを下げるとか、売り込みを掛けているのですが、一方で不倫についてはしゃべらない、触れるなの条件付きなのが不評なんです。不倫については口をつぐむという取り決めがあるのでしょうけど、ネット住民の反感はまだ相当ですし、ベッキーははっきり言って、もう過去の人になりつつある。このままでは、消え去ることになるでしょうね」(ワイドショーデスク)

 もう日の目を見ることはないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る