禊ぎ済んだはずが…活動再開のベッキー“低空飛行”の理由

公開日: 更新日:

 写真投稿サービス「インスタグラム」にベッキー(32)がこのほど投稿したとみられる内容から、今の心境がうかがえそうだ。

 投稿されたのは、ジーンズとピンクのハイヒールを写した画像1枚。今月5日にインスタグラム再開後、2度目の投稿であったが、本人コメントはなく、「ピン(ク)ヒール」とタイトルが一言あるのみ。

「ベッキー頑張って」「待ってる」といったメッセージが多数寄せられたものの、一切の反応をしていない。

 バンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫騒動を決着させ、BSスカパー!の音楽番組出演で芸能活動を復帰させたベッキー。本人は「さぁこれから」と意気込んだのだろうが、そんな思いと裏腹、とんと仕事が来ないようだ。

「それでギャラを下げるとか、売り込みを掛けているのですが、一方で不倫についてはしゃべらない、触れるなの条件付きなのが不評なんです。不倫については口をつぐむという取り決めがあるのでしょうけど、ネット住民の反感はまだ相当ですし、ベッキーははっきり言って、もう過去の人になりつつある。このままでは、消え去ることになるでしょうね」(ワイドショーデスク)

 もう日の目を見ることはないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る