日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目上を籠絡し後輩たらし込む…清原和博の“ヤクザ的気質”

 清原和博(48)はヤクザの世界に憧れた。

 携帯電話には6代目山口組の中核組織のストラップ。飲み屋では、暴力団幹部との交遊を声高に自慢した。薬物疑惑が取り沙汰される直前、巨人の沖縄キャンプを訪れた際の白のスーツ姿はヤクザそのものだった。

「イタリア製のスーツを着込み、サングラスと素足に白の革靴。頭髪を短く刈り込み、鼻の下にはちょび髭。モデルは6代目山口組の司組長ですよ。そんな格好の6代目の写真が載った実話誌を片手に、『カッコええなぁ』と言ってましたから」(関係者)

 週刊文春2月18日号にも、清原が通い詰めたサウナの常連客が明かした話として、〈司忍組長が立ち上げた弘道会の中核組織『司興業』の森健司組長が店のサウナの入り口で清原とすれ違い、『おう、清原さん』と声をかけたことがあったのです。清原は『森さんに声かけてもらった。すごい!』と興奮気味に何度も声に出して喜び(中略)走り寄って、何かを話していました〉と書いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事