母も道連れ破産危機…高畑裕太容疑者“心の闇”の核心部分

公開日:  更新日:

「人の気持ちが分からない子」――。

 26日の謝罪会見で号泣した女優の高畑淳子(61)はかつてテレビ番組で、強姦致傷で捕まった長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)のことをそう評していた。

 淳子の女優生命も危ぶまれている。親の七光で売れ始めた裕太容疑者も懲役4、5年の実刑は免れないだろうと専門家は口をそろえる。最悪の結果を招くことは子どもにだって分かるはずなのに、なぜ強姦? 事件の最大の“謎”はそれだ。

「裕太容疑者は事件を起こしたホテルに犯行の2日前から泊まっていた。犯行時はそれほど酔っぱらっていなかった。本人は計画性を否定していますが、群馬県警は、罪を軽くするための“口実”で、被害女性に狙いを定めた犯行とみて捜査を進めています」(捜査事情通)

 裕太容疑者は「女性を見て欲求を抑えきれなかった」などと供述しているというが、“異常性欲”のひと言では片づけられそうにない。どんなに性欲が強くても普通なら思いとどまるし、デリヘルでも呼べばコトは済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る