主演映画が大健闘 “最後の砦”佐々木蔵之介はなぜ受ける?

公開日: 更新日:

「シン・ゴジラ」や「君の名は。」といった大型ムービーが快進撃を続ける中で、「まさかの大健闘」(映画関係者)を見せている一本がこれ。10日に公開した「超高速!参勤交代 リターンズ」(松竹系、本木克英監督)だ。

 2年前の第1作が時代劇では驚異の興行収入15.5億円を叩き出し、“超高速”で続編決定。2作目はコケるというジンクスをはねのけ、「オープニング2日間の興収は微増の2億800万円、ある映画館では前作比120%の稼働率をマークしている。2本のヒット作に押されて小規模なスクリーンでの公開という悪条件でこの出だしは凄い」(映画興行関係者)と驚きの声が上がっている。

 勝因は何か。公開初日までに4度のPRイベントを行い、出演者が宣伝要員としてメディアに出まくったのも功を奏しただろう。だが、最たるは、主人公を演じる佐々木蔵之介(48)の魅力に他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る