日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民放トップ「羽鳥モーニングショー」に欠かせない2人の男

「ワイドショーの勢力図が変わった!」

 こんなふうに言われだしたのが「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)の躍進だ。9月第3週の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で初の同時間帯・民放トップの座を手にしたのだ。「羽鳥」7.7%に対して、小倉智昭の「とくダネ!」(フジテレビ系)が7.0%、加藤浩次の「スッキリ!!」(日本テレビ系)が7.3%だった。

「羽鳥」の躍進の原因は何か。

「時事ネタ、社会ネタをよく勉強しています。それを主婦、女性目線でフリップなどを使ってうまく解説している。小倉は上から目線という気がするし、加藤は時事ネタの説明では羽鳥よりやはり落ちます」(放送ジャーナリストの小田桐誠氏)

 また、2人のキーマンの存在もある。


「ひとりはテレ朝社員でレギュラー解説員を務める玉川徹です。歯に衣着せぬ辛口コメントはスパイスが利いている。もうひとりはやる気を感じさせない金曜コメンテーターの長嶋一茂です。羽鳥と一茂のチグハグなやりとりは笑えるし、時に言い合いに発展してエキサイティングです」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事