笑点に学んだテレ東 「モヤさま」狩野アナ後任隠しの算段

公開日:  更新日:

「エーッ、まだ決まってなかったの?」――これが関係者の正直な感想ではないか。

 6日に行われたテレビ東京の改編説明会で、人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま)」を今秋“卒業”する狩野恵里アナ(29)の後任について同局の高野学編成部長が「まだ人選中」「局アナになるかどうかも含めてきょうのところは答えられない」としたことだ。狩野アナの具体的な卒業日時は未定のようだが、それにしてももう9月。普通なら当然決まっているところだろうが、何かややこしい局アナ事情でもあるのか。

「いや、むしろ後任司会が誰になるかで話題を最後まで引っ張った『笑点』の手法を狙っているんだと思います。本命・円楽、大穴・タモリなどと騒がれたおかげで新司会発表の回は27.1%、結局、後任に決まった春風亭昇太が初司会を務めた回は28.1%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)となった。高野部長自身も説明会で『この後、誰になるかという話題性でも対抗したい』と言っている。作戦はミエミエです」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る