日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またもや仰天発言 明石家さんま“暴走”続きは引退の前兆か

 またまた暴露発言だ。つい先日、SMAPの解散に絡んで「俺は木村派」と発言して物議を醸した明石家さんま(61)が、今度は吉本興業と松竹芸能の間に「かつては厚い壁」があったことを告白した。

 発言が飛び出したのは26日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)。この日のゲストの一人で、松竹芸能所属のTKO・木下隆行が「(吉本興業に所属するさんまとのツーショットは)あり得ない画というか……」とドギマギしながら切り出すと、さんまが「昔は吉本興業と松竹芸能の間には分厚い壁があった」ことや「かつては同じ番組に共演するのも難しかった」ことなどをあけすけに語りだしたのである。

「木村派発言」といい「松竹との壁発言」といい、最近のさんまは業界の“タブー”ともいえる話題に果敢に切り込んでいる。いまさら「暴露キャラ」へのイメチェンでもないだろう。それとも、かねて繰り返し言っている「60歳引退説」に向けて本気で舵を切り始めたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事