またもや仰天発言 明石家さんま“暴走”続きは引退の前兆か

公開日: 更新日:

 またまた暴露発言だ。つい先日、SMAPの解散に絡んで「俺は木村派」と発言して物議を醸した明石家さんま(61)が、今度は吉本興業と松竹芸能の間に「かつては厚い壁」があったことを告白した。

 発言が飛び出したのは26日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)。この日のゲストの一人で、松竹芸能所属のTKO・木下隆行が「(吉本興業に所属するさんまとのツーショットは)あり得ない画というか……」とドギマギしながら切り出すと、さんまが「昔は吉本興業と松竹芸能の間には分厚い壁があった」ことや「かつては同じ番組に共演するのも難しかった」ことなどをあけすけに語りだしたのである。

「木村派発言」といい「松竹との壁発言」といい、最近のさんまは業界の“タブー”ともいえる話題に果敢に切り込んでいる。いまさら「暴露キャラ」へのイメチェンでもないだろう。それとも、かねて繰り返し言っている「60歳引退説」に向けて本気で舵を切り始めたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る