内村光良監督3作目「金メダル男」にシン・ゴジラ超えの評

公開日:

 大ヒットとなるのか。ウッチャンナンチャンの内村光良(52)が、原作・脚本・監督・主演を務めた映画「金メダル男」が22日から公開された。世の中のさまざまな“一等賞”にチャレンジする男の生きざまを、おかしく切なく描いている。

「内村にとっては3作目の監督作品で、この映画にかける“意気込み”は凄まじい。主題歌『君への手紙』は桑田佳祐に、自ら直筆の長文を書いて、実現させたものです」(スポーツ紙記者)

 最近は宣伝のために、テレビや雑誌などに出まくっている内村。21日には相方、南原清隆がMCを務める日本テレビ「ヒルナンデス!」にゲスト出演。今年初めて共演を果たしたとして、話題を集めた。しかし、肝心の映画はどうなのか。映画批評家の前田有一氏はこう絶賛する。

「芸人の内村さんらしい、お客さんを楽しませようとする素晴らしい娯楽映画です。人生でムダなことや余計な回り道はないんだよというメッセージが、ストレートに伝わってきた。決して洗練されているわけではないですが、“泥くさくて”好感が持てる。“伏線”を次々に回収していくところは圧巻です。個人的には、大ヒットしている『シン・ゴジラ』や『君の名は。』よりもよかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る