ギャラよりやりたい仕事優先 内村光良に宿る強き「コント愛」

公開日:  更新日:

 MCを務めるゴールデン番組2本の打ち切りが決定したお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(51)。先月28日には「笑神様は突然に…」(日本テレビ系)の終了が正式に発表され、「そうだ旅(どっか)に行こう。」(テレビ東京系)も9月いっぱいでの打ち切りが決定。ゴールデンの司会番組を一気に2本も失うとなれば、内村もさぞ焦ったに違いない。が、内心はそうでもないという。どういうわけか。

「内村さんは、今のMCという立ち位置よりも本格的なコントに力を入れたいという気持ちが強いのです。芸能界的にはMCは“オイシイ”仕事ですが、カネよりもやりたい仕事を優先したかったようです」(放送作家)

 内村は相方の南原清隆(50)と共に「夢で逢えたら」や「笑う犬シリーズ」など多数の本格コント番組で活躍してきた。しかし、今のテレビ業界は情報バラエティーが主流でネタ見せ番組は減少。ひな壇形式のトーク番組が定番化して「アナログなスタジオコントはもう古い」といわれて久しい。そんな中、内村自身が企画・出演するコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK)で本格的なコントに挑戦。同局のベテラン・三津谷ディレクターに扮して「ギャグはいりません、NHKなんで」と堅い演出を求める内容で「NHKは低俗になった」と批判した国会議員を揶揄したり、同局が必死になって撮影したダイオウイカを題材にしたりと“タブー”をも恐れない姿勢が評価されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る