ギャラよりやりたい仕事優先 内村光良に宿る強き「コント愛」

公開日: 更新日:

 MCを務めるゴールデン番組2本の打ち切りが決定したお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(51)。先月28日には「笑神様は突然に…」(日本テレビ系)の終了が正式に発表され、「そうだ旅(どっか)に行こう。」(テレビ東京系)も9月いっぱいでの打ち切りが決定。ゴールデンの司会番組を一気に2本も失うとなれば、内村もさぞ焦ったに違いない。が、内心はそうでもないという。どういうわけか。

「内村さんは、今のMCという立ち位置よりも本格的なコントに力を入れたいという気持ちが強いのです。芸能界的にはMCは“オイシイ”仕事ですが、カネよりもやりたい仕事を優先したかったようです」(放送作家)

 内村は相方の南原清隆(50)と共に「夢で逢えたら」や「笑う犬シリーズ」など多数の本格コント番組で活躍してきた。しかし、今のテレビ業界は情報バラエティーが主流でネタ見せ番組は減少。ひな壇形式のトーク番組が定番化して「アナログなスタジオコントはもう古い」といわれて久しい。そんな中、内村自身が企画・出演するコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK)で本格的なコントに挑戦。同局のベテラン・三津谷ディレクターに扮して「ギャグはいりません、NHKなんで」と堅い演出を求める内容で「NHKは低俗になった」と批判した国会議員を揶揄したり、同局が必死になって撮影したダイオウイカを題材にしたりと“タブー”をも恐れない姿勢が評価されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る