松山ケンイチ語る 「聖の青春」に向き合って気付いたこと

公開日:

 デビューして今年で15年、俳優の松山ケンイチ(31)がまた覚醒した。今週19日に公開となる映画「聖の青春」(森義隆監督、KADOKAWA配給)で主役を演じ、「2016年はこの役を演じるための一年だった」と力を込める。

 モデル発掘のオーディションでグランプリを受賞し01年に芸能界入り。高2の夏に青森から上京してまもない頃の自分は、今になって思えば「人とコミュニケーションをとれない不器用な人間だった」と振り返る。

「あまりにしゃべれないもんだから、同じ媒体の取材をもう一度受け直すなんてこともありました。なんだそれって心の中では思っても、実際、しゃべれないのだから自業自得ですね。この仕事は、欠陥だらけの僕をまともな人間にしてくれました」

 育ててもらったぶん、恩返しがしたい。日頃から漫画や小説を読み、「作品を見てくれる人びとに感動や気づきを感じてもらえる題材を探している」と言う。「聖の青春」の原作もその一冊で、映画化の情報を聞き、自ら手をあげた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る