大物切りNHK紅白 拙速な世代交代で“最低視聴率”の危機も

公開日:

 史上最低の視聴率となるかもしれない。

 24日に出場歌手を発表した今年のNHK紅白歌合戦。大物歌手が続々と落選し、世代交代が進んだといわれる今回について、ダウンタウンの松本人志は「ちょっとシェイプアップし過ぎ」「マンネリをやめちゃったら紅白の良さは何ひとつない」と酷評。女医の西川史子も、同じ所属事務所・ホリプロの和田アキ子が落選したことについて「ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKの対応に憤慨していた。

 始まる前からここまで批判が続出する紅白は近年、見たことがないが、一体、舞台裏では何が起こっていたのか。

「紅白に強い影響力を持つ大手芸能プロの幹部らが、今年はあまり選考に関与しなかったらしいのです。今後のために、系列グループの幹部らに“仕切り”を任せようとしていたところ、しがらみを断ち切り、世代交代を進めたいNHKの思惑が優先されて、和田アキ子や伍代夏子、藤あや子らベテラン勢が切られる結果となった。これまで通りなら、あり得なかったことなんです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る