伊東美咲 夫の会社が一転ピンチで芸能界に本格復帰も?

公開日: 更新日:

 昨今は明るい話題に乏しいパチンコ業界。芸能界では大手機種メーカー社長と結婚した女優の伊東美咲(39)が玉の輿に乗り、セレブな日常を送っていたが、雲行きが少々怪しくなってきた。というのも、伊東の夫が社長をつとめる「京楽産業」の業績が芳しくないのだ。

 11月末に発表になった決算公告によると、昨期(2015年6月期)は売り上げが1092億円で営業利益は約11億円。ところが、今年6月期の年間売り上げは339億円で営業利益はマイナス242億円……。

「利益剰余金を切り崩してしのいでいる状況です。あまりのダウンぶりに『そろそろヤバイのでは』と業界内でささやかれ始めている。最近、ホールで人気を集める機種を発売できていないのが理由です」(パチンコ業界関係者)

 伊東は09年に結婚し、2人の子供を出産。14年に芸能活動を再開しブログを開設したが、以後、ほとんど仕事らしい仕事をしていない。

「もともとは女優業がメーンだったが、特に演技力があるわけではなく、事務所のプッシュで仕事が入っていたクチ。そのため、結婚後は特に需要もなく、活動再開後も女優のオファーがない状態。しかし、夫の会社が今後も傾けば優雅な生活にも影響は出るはずです」(芸能ライター)

 カジノが解禁になれば大打撃を受けるといわれているパチンコ業界。伊東がママタレとして芸能界復帰する日が来るかもしれない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める