当て逃げでTV局大混乱 ノンスタ井上の素顔と現場の評判

公開日: 更新日:

 本人も事故を起こした後に、事態の深刻さを実感しているに違いない。ナルシシストでブサイク……テレビでは“嫌われキャラ”を演じているが、関係者の間での評判はすこぶる良かったという。

「ああ見えて頭の回転が速く、空気を読む力も抜群。番組では常に自分が共演者やスタッフから、何を求められているかを考えている。だから、和田アキ子などの大物にも可愛がられてきた。仕事に対しては、とにかくストイック。女性に対してチャラチャラしているのも計算のうちで、ブサイクというキャラ設定も有効に活用しています。だから、われわれが当て逃げの一報を聞いた感想は驚きと衝撃の一言。現場から逃げ去るような人物ではありません」(バラエティー番組プロデューサー)

 ひとつの事故で全てを失ってしまうのが芸能界の怖さだ。こうなると、タレントはもうハンドルを握らないほうがいいのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る