• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警視庁大失態…ASKA不起訴で晴れて自由も“行き場”なし

「あらかじめ用意していたお茶を、尿の代わりに(採尿カップに)入れた」――先月28日、覚醒剤使用容疑で警視庁に逮捕された歌手のASKA(58)は逮捕後、そんな内容の説明をしたという。19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり、釈放されたが、尿鑑定で陽性反応が出ていたはずじゃなかったのか。

「尿はASKAの奥さんと捜査員の立ち会いのもと、自宅のトイレで採取されましたが、ASKAの背後にいたので手元までは確認できなかった。採取した尿は少量で、すべて鑑定に使われ、現物は残っていない。確かに陽性反応は出ましたが、任意提出したのは尿ではなくお茶で、絶対に覚醒剤はやっていないというASKAの主張を覆せなかった。お茶に覚醒剤が入っていた理由は知らぬ存ぜぬで通したのでしょう。要するに採取したものが尿と立証できなかった」(捜査事情通)

 警視庁は逮捕後、ASKAが滞在していたホテルや自宅を捜索したが、覚醒剤使用を裏づける物証も得られず。で、嫌疑不十分で不起訴処分……釈然としない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る