日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警視庁大失態…ASKA不起訴で晴れて自由も“行き場”なし

「あらかじめ用意していたお茶を、尿の代わりに(採尿カップに)入れた」――先月28日、覚醒剤使用容疑で警視庁に逮捕された歌手のASKA(58)は逮捕後、そんな内容の説明をしたという。19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり、釈放されたが、尿鑑定で陽性反応が出ていたはずじゃなかったのか。

「尿はASKAの奥さんと捜査員の立ち会いのもと、自宅のトイレで採取されましたが、ASKAの背後にいたので手元までは確認できなかった。採取した尿は少量で、すべて鑑定に使われ、現物は残っていない。確かに陽性反応は出ましたが、任意提出したのは尿ではなくお茶で、絶対に覚醒剤はやっていないというASKAの主張を覆せなかった。お茶に覚醒剤が入っていた理由は知らぬ存ぜぬで通したのでしょう。要するに採取したものが尿と立証できなかった」(捜査事情通)

 警視庁は逮捕後、ASKAが滞在していたホテルや自宅を捜索したが、覚醒剤使用を裏づける物証も得られず。で、嫌疑不十分で不起訴処分……釈然としない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事