警視庁大失態…ASKA不起訴で晴れて自由も“行き場”なし

公開日: 更新日:

「あらかじめ用意していたお茶を、尿の代わりに(採尿カップに)入れた」――先月28日、覚醒剤使用容疑で警視庁に逮捕された歌手のASKA(58)は逮捕後、そんな内容の説明をしたという。19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり、釈放されたが、尿鑑定で陽性反応が出ていたはずじゃなかったのか。

「尿はASKAの奥さんと捜査員の立ち会いのもと、自宅のトイレで採取されましたが、ASKAの背後にいたので手元までは確認できなかった。採取した尿は少量で、すべて鑑定に使われ、現物は残っていない。確かに陽性反応は出ましたが、任意提出したのは尿ではなくお茶で、絶対に覚醒剤はやっていないというASKAの主張を覆せなかった。お茶に覚醒剤が入っていた理由は知らぬ存ぜぬで通したのでしょう。要するに採取したものが尿と立証できなかった」(捜査事情通)

 警視庁は逮捕後、ASKAが滞在していたホテルや自宅を捜索したが、覚醒剤使用を裏づける物証も得られず。で、嫌疑不十分で不起訴処分……釈然としない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る