警視庁大失態…ASKA不起訴で晴れて自由も“行き場”なし

公開日: 更新日:

「尿ではなくお茶という主張がまかり通るなんて前代未聞で、確認を怠った警視庁の大失態。誰かが入れ知恵したのかもしれませんが、悪しき前例をつくってしまった格好です」(警視庁OB)

 疑わしきは罰せずで、ASKAは晴れて自由の身だが、前途が“イバラの道”であることに変わりはない。

「覚醒剤使用うんぬん以前に、ASKAの言動がおかしくなっていたことは確かです。奥さんは今年に入って都内の病院に強制入院させたり、薬物依存の治療で有名な九州の医療施設に通わせたりと、必死にASKAの面倒を見ていた。ところが当のASKAはずっと、『盗聴されている』などと言い続け、最近では奥さんのいる自宅に寄りつかず、ホテル暮らしをしていた。奥さんもさすがにサジを投げ、『自宅を売却して離婚するのではないか』なんて噂話まで流れていました」(音楽業界関係者)

 家族という“行き場”を失ったASKAは一体どこへ向かうのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る