• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堤真一がエプロン姿で…ドラマ「左江内氏」好発進のワケ

 初回(14日)視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同枠の直近2作品が1ケタ台だったことを考えれば、堤真一(52)主演の日本テレビ系ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜21時)はすこぶる好発進の出だしだ。

 堤扮する出世とも浮いた話とも無縁な中年サラリーマンが、ある日謎の老人から“スーパー服”を託され、それを着ると空を飛べるわ、銃弾をはね返すわ、透視できるわ……といった無敵のスーパーマンと化し、嫌々ながらも世界平和のためにひと肌脱ぐといったストーリー。藤子・F・不二雄の漫画が原作だが、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「アオイホノオ」といったテレ東の深夜枠でお馴染みの福田雄一氏が大胆に脚色し、好き嫌いがハッキリ分かれるハチャメチャギャグコメディーに仕立てている。

 お世辞にも万人受けするテイストではないが、コラムニストの桧山珠美氏は「日テレ十八番のファミリー向けドラマになっていた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事