• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堤真一がエプロン姿で…ドラマ「左江内氏」好発進のワケ

 初回(14日)視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同枠の直近2作品が1ケタ台だったことを考えれば、堤真一(52)主演の日本テレビ系ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜21時)はすこぶる好発進の出だしだ。

 堤扮する出世とも浮いた話とも無縁な中年サラリーマンが、ある日謎の老人から“スーパー服”を託され、それを着ると空を飛べるわ、銃弾をはね返すわ、透視できるわ……といった無敵のスーパーマンと化し、嫌々ながらも世界平和のためにひと肌脱ぐといったストーリー。藤子・F・不二雄の漫画が原作だが、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「アオイホノオ」といったテレ東の深夜枠でお馴染みの福田雄一氏が大胆に脚色し、好き嫌いがハッキリ分かれるハチャメチャギャグコメディーに仕立てている。

 お世辞にも万人受けするテイストではないが、コラムニストの桧山珠美氏は「日テレ十八番のファミリー向けドラマになっていた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る