日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲス夫が「マズい」と暴言 小倉優子の手料理ホントの実力

 妊娠中に所属事務所の後輩タレントと浮気したゲス夫と、慰謝料ナシの離婚に踏み切った小倉優子(33)。慰謝料7000万円を請求したとも報じられ、ドロ沼の様相を呈していたが、2人をよく知る友人のひとりは“円満離婚”に至った経緯についてこう舞台裏を明かす。

「ゆうこりんが彼との結婚を決めたのは、カリスマ美容師という肩書やイケメンといったスペックは実は二の次。決め手は金銭感覚でした。2人とも凄腕のFX投資家で、ゆうこりんは“一生かけて資産運用ができる理想の相手を見つけた”と喜んでいましたから。5年半の結婚生活では不動産も含め、手堅く運用しているはず。慰謝料で揉めて長引くことを避け、財産分与で折り合いをつけたのだと思います」

 稲垣吾郎をはじめとするSMAPのヘアメークを担当し、国内外のツアーに帯同していた夫は家を留守にしがち。札付きの女癖の悪さで、「ゆうこりんは結婚当初から彼の浮気を疑っていた。会食の際には“証拠写メ”を送らせていました」(前出の知人)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事