日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

実は完璧主義者 小倉優子“慰謝料ゼロ離婚”に隠された本音

 小倉優子(33)が夫で美容師の菊地勲氏(46)に三くだり半を叩きつけた。幼い子ども2人を抱えての再出発。第2子を妊娠中の昨夏、夫の後輩タレントとの不倫発覚が最大の引き金だったとされる。「本とか出してるくせに(料理が)マズいんだよ」といった夫の暴言も報じられ、ついに堪忍袋の緒が切れたのである。

 離婚直前の小倉を直撃取材したベテラン芸能記者の青山佳裕氏に対しては「いやあ、私も悪いところがあるし、彼だけを責めるつもりはないです。とても反省しているし(離婚は)考えてないですよ」などと優等生発言をしたそうだが、もちろん本音は違っていた。青山氏がこう言う。

「相当ストレスをため込んでいたんでしょうね。小倉さんはその後、つたない運転で車を走らせ、女友だちとストレス発散のドライブをしているんです。まずは荻窪のパン屋さんでの買い物とスイーツ、つぎに自由が丘できれいな食器を買いあさり、さらに田園調布の高級スーパーなどでまたショッピング。そういうようなことをしていないと、耐えられないのが伝わってきました。よく見ると左手の薬指には指輪がありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事