成宮寛貴の引退で加速…菅田将暉に“露出激増”の落とし穴

公開日:

 何と昨年1年で9本の映画、2本の連続ドラマ、7本のCMに出演。しかもどの作品でも重要な役柄を演じて、文句なしの“ナンバーワン・ブレーク俳優”となったのは菅田将暉だ。この勢いのまま、今年もNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊直政役をはじめ、この28日公開予定の「キセキ―あの日のソビト―」で松坂桃李とダブル主演、4月公開予定の「帝一の國」で初の単独主演など、すでに4本の映画が公開予定という超売れっ子だ。

「“カメレオン俳優”と異名を取るほど、次から次にいろんな役柄を演じ分けるのが菅田の魅力。チャラい若者から、バイオレンス、ラブコメまで、どんな役にもハマってしまう。おまけに今年は時代劇です。どの役を演じても真剣に取り組むので、キャスティング段階から引っ張りダコです」(映画関係者)

 とにかく演技の“本気ぶり”については、すでに多くの武勇伝がある。月9ドラマ「ラヴソング」では主役の福山雅治が菅田の迫真の演技を見て「怖い」と評したほど。昨年公開されたバイオレンス映画「ディストラクション・ベイビーズ」では小松菜奈に本気のビンタを食らわせた。映画「溺れるナイフ」では役柄になりきるため徹底的に減量したほどである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る