ひっそりと完全休業…ピース綾部“弱気発言”の複雑胸中

公開日:

 先月31日、「必ずビッグになって戻ってきます!」と都内で休業前最後のライブを終えたのはピース綾部(39)。2日夜のテレビ生出演が最後、30日に舞台復帰したノンスタ井上が話題になった裏でひっそり休業となった。

 NYの晴れ舞台のために買ったという黒のレザージャケットに身を包み、「いつか、この衣装でレッドカーペットを歩きます」と宣言し、星条旗を振ったが、「(次の舞台は)どのタイミングかは分からない。おまえ何だったんだよってタイミングでかもしれないし、数年後かもしれない……」と弱腰発言も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「昨秋のピコ太郎の出現で、方向性の大転換を迫られているはず。ピコ太郎は数カ月で世界中に広まり、ジャスティン・ビーバーとも共演、日本にいながらにして成功してしまった。留学する意味がなくなってしまったのです。“アイハバペン”の日本語英語が世界制覇した以上、カタコト英語でインパクトを残すのも厳しいし、英語が流暢になってもバイリンガルタレントに埋もれるだけ。今までならNYで舞台に立てば御の字、エピソードトークで持ったかもしれませんが、ハードルがグンと上がってしまったんです。先にNYに留学した渡辺直美さんもビヨンセやレディー・ガガに認められるほどの存在ですし、綾部さんの付加価値をどこにもっていくべきか、練り直さないといけないので歯切れが悪くなっているのでは。井上さんの復帰に話題が集中して正直ホッとしたんじゃないでしょうか」

 綾部はどこに自身の存在価値を見いだすのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る