ひっそりと完全休業…ピース綾部“弱気発言”の複雑胸中

公開日: 更新日:

 先月31日、「必ずビッグになって戻ってきます!」と都内で休業前最後のライブを終えたのはピース綾部(39)。2日夜のテレビ生出演が最後、30日に舞台復帰したノンスタ井上が話題になった裏でひっそり休業となった。

 NYの晴れ舞台のために買ったという黒のレザージャケットに身を包み、「いつか、この衣装でレッドカーペットを歩きます」と宣言し、星条旗を振ったが、「(次の舞台は)どのタイミングかは分からない。おまえ何だったんだよってタイミングでかもしれないし、数年後かもしれない……」と弱腰発言も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「昨秋のピコ太郎の出現で、方向性の大転換を迫られているはず。ピコ太郎は数カ月で世界中に広まり、ジャスティン・ビーバーとも共演、日本にいながらにして成功してしまった。留学する意味がなくなってしまったのです。“アイハバペン”の日本語英語が世界制覇した以上、カタコト英語でインパクトを残すのも厳しいし、英語が流暢になってもバイリンガルタレントに埋もれるだけ。今までならNYで舞台に立てば御の字、エピソードトークで持ったかもしれませんが、ハードルがグンと上がってしまったんです。先にNYに留学した渡辺直美さんもビヨンセやレディー・ガガに認められるほどの存在ですし、綾部さんの付加価値をどこにもっていくべきか、練り直さないといけないので歯切れが悪くなっているのでは。井上さんの復帰に話題が集中して正直ホッとしたんじゃないでしょうか」

 綾部はどこに自身の存在価値を見いだすのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る