• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひっそりと完全休業…ピース綾部“弱気発言”の複雑胸中

 先月31日、「必ずビッグになって戻ってきます!」と都内で休業前最後のライブを終えたのはピース綾部(39)。2日夜のテレビ生出演が最後、30日に舞台復帰したノンスタ井上が話題になった裏でひっそり休業となった。

 NYの晴れ舞台のために買ったという黒のレザージャケットに身を包み、「いつか、この衣装でレッドカーペットを歩きます」と宣言し、星条旗を振ったが、「(次の舞台は)どのタイミングかは分からない。おまえ何だったんだよってタイミングでかもしれないし、数年後かもしれない……」と弱腰発言も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「昨秋のピコ太郎の出現で、方向性の大転換を迫られているはず。ピコ太郎は数カ月で世界中に広まり、ジャスティン・ビーバーとも共演、日本にいながらにして成功してしまった。留学する意味がなくなってしまったのです。“アイハバペン”の日本語英語が世界制覇した以上、カタコト英語でインパクトを残すのも厳しいし、英語が流暢になってもバイリンガルタレントに埋もれるだけ。今までならNYで舞台に立てば御の字、エピソードトークで持ったかもしれませんが、ハードルがグンと上がってしまったんです。先にNYに留学した渡辺直美さんもビヨンセやレディー・ガガに認められるほどの存在ですし、綾部さんの付加価値をどこにもっていくべきか、練り直さないといけないので歯切れが悪くなっているのでは。井上さんの復帰に話題が集中して正直ホッとしたんじゃないでしょうか」

 綾部はどこに自身の存在価値を見いだすのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る