クイズ番組で隙なし 宮崎美子「元祖女王」のサバイバル術

公開日: 更新日:

 弱点が少ないのも強さの秘密だ。常識問題はもちろん、数字にも弱くはないうえ、漢字は「Qさま!!」では難関の漢検1級に合格してしまった実力者。あえていえば早押しが苦手で、「熱血!平成教育学院」では宮崎専用早押しボタンまで作ったが、相変わらずの早押し負けを喫していた。宮崎が特に強みを見せるのがインスピレーションを働かせる問題で、「ミラクル9」の100人のアンケート結果の上位9つを当てる人気クイズでは、最も難しい「9位当て」の最多記録を持つほど。

「宮崎は解答する時に、自信なさげに“あ~、わかんな~い”と言いながら正解することが多い。しかし、その自信のなさアピールがネットでは“あざとい”と叩かれています。宮崎はかつて、“正解しすぎて面白くない”と、クイズ番組から出禁をくらったという噂があるほど。クイズ常連解答者のレベルが上がりすぎたので、視聴者がついていけなくなるのはまずいと、クイズ用の勉強をやめようとレギュラー出演陣に訴えたとも言われています。わかっていても、わからないふりをして番組を盛り上げているのかもしれません」(芸能ライター)

 強くなければクイズ番組に出られないが、強すぎると避けられる。強くないふりをして正解すれば、あざといと言われる。ベテランだけに、クイズ女王のジレンマを最も体現していると言ってもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る