• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

窮地の東芝 ついに「サザエさん」のスポンサーを“降板”か

 東芝が「サザエさん」のスポンサーを降りる――こんな噂が市場関係者の間でまことしやかにささやかれている。

 東芝は先月中旬、2017年3月期の通期業績見通しについて、「9500億円の赤字」と衝撃的な試算値を公表。ところが、監査法人との調整が長引いていることを理由に撤回、今月28日の定時株主総会での報告も見送ると発表した。半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉も難航し、さすがに日曜夜のお茶の間を飾る、フジテレビ系「サザエさん」のスポンサーからも「手を引くべし」と判断したらしい。

「今は最悪、債務超過で東証2部降格も考えられる状況です。関係者の間では以前から、『再建に向けた本気度を示すためにスポンサーを降りる』との噂が飛び交っていました」(市場関係者)

 果たして、真相はどうなのか。フジテレビに問い合わせると、「契約の詳細に関してはお答えしておりません」。一方、東芝は「CM契約更新時に検討します。現在、決定していることはありません」と回答。スポンサー“降板”を選択肢に入れていることを否定しなかった。

 東芝の名が、お茶の間から消える日もそう遠くないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る