窮地の東芝 ついに「サザエさん」のスポンサーを“降板”か

公開日: 更新日:

 東芝が「サザエさん」のスポンサーを降りる――こんな噂が市場関係者の間でまことしやかにささやかれている。

 東芝は先月中旬、2017年3月期の通期業績見通しについて、「9500億円の赤字」と衝撃的な試算値を公表。ところが、監査法人との調整が長引いていることを理由に撤回、今月28日の定時株主総会での報告も見送ると発表した。半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉も難航し、さすがに日曜夜のお茶の間を飾る、フジテレビ系「サザエさん」のスポンサーからも「手を引くべし」と判断したらしい。

「今は最悪、債務超過で東証2部降格も考えられる状況です。関係者の間では以前から、『再建に向けた本気度を示すためにスポンサーを降りる』との噂が飛び交っていました」(市場関係者)

 果たして、真相はどうなのか。フジテレビに問い合わせると、「契約の詳細に関してはお答えしておりません」。一方、東芝は「CM契約更新時に検討します。現在、決定していることはありません」と回答。スポンサー“降板”を選択肢に入れていることを否定しなかった。

 東芝の名が、お茶の間から消える日もそう遠くないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る