業界別「平均給与ランキング」 あの東芝が意外にも上位に

公開日:

 上場3079社の平均給与(2016年)は、東京商工リサーチの調査によると605万7000円だ。前年より、6万3000円アップしている。

「増加率をみると、不動産業が前年比2・45%増と最も伸ばしています。次いで、建設業の1.99%増です」(東京商工リサーチ情報本部の坂田芳博氏)

 不動産業のトップは日本商業開発(東証1部)で、平均給与は1741万円。土地に投資して借地料を得る“地主ビジネス”で成長を続ける会社だ。

 2位は旧富士銀行(現みずほ銀行)の店舗を保有するヒューリック(東証1部)。3位にようやく大手不動産の三菱地所が登場し、4位は三井不動産が入った。5位はマンション販売などを手掛けるランドビジネス(東証1部)で、上位5社の平均給与はすべて1000万円超えだった。


 建設(ゼネコン)は意外な企業がトップに立った。新潟に本社を置く福田組で、大成建設や大林組といったスーパーゼネコンを抑えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る