碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

深夜ドラマ「怪獣俱楽部」が醸す“秘密結社的”な楽しさ

公開日: 更新日:

 深夜ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記」がスタートした。舞台は1970年代。主人公の大学生・リョウタ(本郷奏多=写真)は、特撮怪獣好きの仲間たちと同人誌を作っている。

 そこに掲載する内容をめぐって、喫茶店で交わされる熱い議論がこのドラマのキモだ。

 第1回に登場したのは、実相寺昭雄監督が演出した「ウルトラセブン」4本のうちの1本、「狙われた街」だった。地球侵略をもくろむメトロン星人が、吸引すると凶暴になる薬を自販機のたばこに仕込み、社会を混乱させるという物語だ。狙いは人間同士の“信頼感”を破壊することにあった。古いアパートの四畳半で、セブンとメトロン星人がちゃぶ台をはさんで向かい合う、実相寺監督らしいシュールな設定で知られる異色作だ。

 リョウタたちは、この作品のテーマや実相寺監督と脚本の金城哲夫の組み合わせ、作曲家・冬木透による音楽などについてマニアックなやりとりを展開していく。大人が特撮怪獣好きを公言するのが、やや恥ずかしかった時代だ。同好の士と好きなものについて思いきり語り合う、秘密結社的な楽しさがここにある。

「狙われた街」が放送されたのは67年の秋だ。今年は放送50周年、そして10年前に没した実相寺監督の生誕80年にあたる。はるか星のかなた、怪獣墓場あたりで監督が苦笑いしているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る