碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

1人飯のプロ ドラマ「孤独のグルメ」井之頭五郎の説得力

公開日: 更新日:

 開始から5年。シリーズも6を数えるまでになった深夜の人気番組「孤独のグルメ Season6」(テレビ東京系)。しかし主人公の井之頭五郎(松重豊)が、出かけた先の町で早々に仕事を済ませ、食べもの屋に入るという、いつものパターンは変わらない。

 今期も新宿の淀橋市場で豚バラ生姜焼き定食、世田谷区太子堂で回転寿司など、どれもうまそうに食べている。しかも、このドラマの名物である五郎のモノローグというか、心の中の声がよりパワーアップしているのだ。

 先日の舞台は渋谷道玄坂の「長崎飯店」だった。皿うどんに入っていた、たくさんのイカやアサリに「皿の中の有明海は豊漁だあ」と感激。また春巻きのパリパリ食感を、「口の中でスプリングトルネードが巻き起こる」と熱い実況中継をしていた。さらに追加注文の特上ちゃんぽんに長崎ソースをドバドバかけて食し、「胃ぶくろの中が『長崎くんち』だ。麺が蛇踊りし、特上の具材が舞い、スープが盛り上げる。最高のちゃんぽん祭りだ!」と大絶賛である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る