碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「CRISIS」は大人の男が楽しめるハードボイルドの意欲作

公開日: 更新日:

 3年前のこの時期、見逃せない刑事ドラマが2本、放送されていた。しかも同じ曜日の裏表で。1本は小栗旬主演「BORDER」(テレビ朝日系)。もう1本が西島秀俊主演「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」(TBS系)だ。

 前者は、主人公が死者と対話できる特殊能力を駆使して難事件を解決していく。また後者では西島演じる公安刑事が、妻の命を奪った爆発事件の真相を探っていく。いずれも、小説では成立しても映像化するのは難しい世界を描いた作品だった。

 今回の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は、「BORDER」と「MOZU」のハイブリッドともいうべき刑事ドラマだ。特捜班の捜査員・稲見(小栗)は元自衛隊員。特殊任務に就いた際、心に深い傷を負った過去を持つ。普段は何を考えているかわからないが、現場では無鉄砲と思えるほど大胆な行動に出る。同じ捜査員の田丸(西島)もまた、かつての事件をきっかけに心を閉ざした男だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)