碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

天海祐希「緊急取調室」はヒロイン1人でなくチームの勝利

公開日:

 天海祐希主演「緊急取調室」は、いわば刑事ドラマの“変化球”だ。通常、刑事ドラマは犯人を追いかけ、逮捕するまでを描く。それに対して、このドラマは容疑者との勝負がテーマだ。いかにして容疑者に犯行を認めさせるかという取調室での心理戦である。

 容疑者と取調官が密室の中で向き合う。動きも少なく退屈するかと思いきや、一気に見てしまう牽引力がある。それは事件の背後に隠された、金や欲や見えなど人間の業のようなものがあぶり出されていくからで、井上由美子の脚本の冴えだ。

 夫を憎む妻(酒井美紀)が、夫婦で犯した罪を隠蔽するために夫と協力し合う皮肉。また犯罪者の娘として生きてきた女性教師(矢田亜希子)が抱える社会への恨み。

 そんな容疑者たちに対し、天海祐希をはじめ大杉漣、でんでん、小日向文世といったメンバーがさまざまなアプローチで揺さぶりをかけるのだ。昔ながらの「北風と太陽」作戦はもちろん、突然「敵が味方になる」ことで容疑者をかく乱したりもする。

 また3年前の第1シーズンにあった、天海演じる真壁有希子刑事の私生活にまつわるエピソード(刑事だった夫の殉職など)を今回は省いたことも功を奏している。目の前の事案により集中できるからだ。ヒロイン1人の力ではなく、あくまでもチーム力による勝利。その快感も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る