芸人仲間から不満も オモロー山下“芸能記者転身”の裏事情

公開日: 更新日:

 突然、女性週刊誌の芸能記者への転身を発表した元芸人のオモロー山下(48)。取材される側から取材する側への転身は、ちょっとしたニュースになっている。14日に都内で行われたイベントに報道陣として参加し、記者デビューを果たした。

 だが、芸人仲間たちからは「会いづらくなる」と不評を買っているとか。いつ何時どんな情報を編集部に流されるか分からない以上、不安になるのも当然だろう。

 一方の女性誌編集部は山下をどう使うつもりなのか。関係者がこういう。

「どうやら取材で出会った編集幹部に雇ってくれと直談判したそうです。記者としては未経験で、実力も未知数、年齢も若くない。本来なら断るところですが、話題作りにはなるかなと……。なので実力が分かるまでは短期契約で、活躍してくれたら長期の契約を結ぶようです。ただ、いきなり企画会議には参加させられません。もし、ダウンタウン松本さんのスキャンダルのネタがあって、それが会議の議題となった場合、それを聞いてしまった山下は黙っていられるか? お世話になった大先輩を守りたいと思うのが普通です。もし、漏れた場合に疑われても気の毒ですから。まずは本人のやる気を認めて、様子を見ようということのようです」

 芸人仲間からは距離を置かれ、編集部からもまだ信用されてはいない山下。渾身のスクープを狙うにはかつての“身内”を刺すくらいの覚悟が求められるが、さて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る