小出ドラマお蔵入り NHK異例“補償協議”の裏に猛クレーム

公開日:

 21日、NHKの定例の総局長会見で、小出恵介(33)主演の土曜ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」が放送中止になったことについて「重い事柄。所属事務所ときちんと協議していきたい」と異例のコメントが発表された。

 受信料で制作しているNHKだけに民放以上に問題なのは確かだが、事件の全真相が明かされていない段階で事務所と補償協議に入っていると語るのは異例。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)も「今までも出演者の不祥事で出演停止、本人側の自粛などはありましたが、NHKは比較的穏便に事を進めていました。今回の事件は影響が大きかったのでしょう」という。

「フライデー」に未成年女子との飲酒と淫行騒動が掲載され、今月8日に事務所は無期限活動停止を発表。それを受けてNHKも10日からの全6話放送中止を発表。「11日までの4日間で240件の視聴者の皆さまからご意見がありました」(NHK広報)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る