• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

没後10年も色あせぬ “ジャズ界の鬼才”富樫雅彦の先鋭性

 ジャズ界の鬼才、天才パーカッショニストと呼ばれた富樫雅彦が亡くなって10年。その富樫が作曲した数多くの楽曲の中からバラードをセレクトしたCD「マイ・ワンダフル・ライフEX 富樫雅彦バラードコレクション」(ラッツパック・レコード)が先月発売になり、静かなブームとなっている。

 今作は、ジャズピアニストの佐藤允彦を中心に渡辺貞夫、日野皓正、峰厚介、山下洋輔がソロやデュオで演奏したものだけでなく、富樫のパーカッションソロも追加。没後10年たっても色あせるどころか、熟成と先鋭性を感じさせる内容だ。

「著名なアーティストから楽曲提供の依頼を受けても固辞するなど、世間的な評価や商業主義とは一線を画した富樫の魅力の神髄にぜひ、触れていただきたいです」(ラッツパック・レコード代表の棚橋牧人氏)

 世界の一流ミュージシャンが共演を熱望した希代の日本人ジャズメンの魂に触れるチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る