没後10年も色あせぬ “ジャズ界の鬼才”富樫雅彦の先鋭性

公開日: 更新日:

 ジャズ界の鬼才、天才パーカッショニストと呼ばれた富樫雅彦が亡くなって10年。その富樫が作曲した数多くの楽曲の中からバラードをセレクトしたCD「マイ・ワンダフル・ライフEX 富樫雅彦バラードコレクション」(ラッツパック・レコード)が先月発売になり、静かなブームとなっている。

 今作は、ジャズピアニストの佐藤允彦を中心に渡辺貞夫、日野皓正、峰厚介、山下洋輔がソロやデュオで演奏したものだけでなく、富樫のパーカッションソロも追加。没後10年たっても色あせるどころか、熟成と先鋭性を感じさせる内容だ。

「著名なアーティストから楽曲提供の依頼を受けても固辞するなど、世間的な評価や商業主義とは一線を画した富樫の魅力の神髄にぜひ、触れていただきたいです」(ラッツパック・レコード代表の棚橋牧人氏)

 世界の一流ミュージシャンが共演を熱望した希代の日本人ジャズメンの魂に触れるチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る