日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スターたちの運命切り開いた平尾昌晃さんの“生き方指南”

「平尾昌晃さんがゲスト出演して下さった後、日本デビューという道が突然目の前に敷かれたのです!」

 アグネス・チャン(61)は昨年、日刊ゲンダイのインタビュー連載「ひなげしの伝言」でそう語っていた。香港のテレビ番組「アグネス・チャンショー」で平尾さんに見いだされ、日本に紹介されなければ、1972年のデビューも、「ひなげしの花」の大ヒットもなかったというのだ。「運命って、自分の意思とか、夢とは違うところで決まっていくのかも知れませんね」とアグネスは振り返っていた。

 肺炎のため、21日に亡くなった作曲家、平尾昌晃さん(享年79)が「平尾昌晃ミュージックスクール」で松田聖子らあまたのプロ歌手を育成し、音楽番組「レッツゴー・ヤング」の司会などで新人の発掘と育成に尽力したのは広く知られている。2005年には歌手を目指す若者たちのために自主レーベルを立ち上げて、CDデビューさせたりしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事