• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故・佐藤公彦さんが語っていた音楽と生活“両立”の難しさ

 6月24日に心筋梗塞のため亡くなっていたシンガー・ソングライターのケメこと佐藤公彦さん(享年65)。

 1960年代末にフォークグループ「ピピ&コット」でデビュー。ソロに転じてから、中性的なルックスと独特のハイトーンボイスで女性ファンを中心に「フォーク界の貴公子」として絶大な人気を得た。俳優のあおい輝彦とコンビを組んだラジオトーク番組「あおい君と佐藤クン」は高い聴取率を誇り、8年も続く長寿番組となった。

 しかし、求められるアイドル性と自分のやりたい音楽とのギャップに悩んだ末に1979年のラストコンサートで活動休止。2009年に出演したNHK・BS2のフォーク番組をきっかけに活動を再開した。翌10年に日刊ゲンダイの連載「あの人は今こうしている」に登場し、吹っ切れたように、こう語っていた。

「去年から今年にかけて3枚のアルバムをリリースしました。活動休止中も曲作りは続けてたから、120曲ぐらいのオリジナルがありまして。2枚目の『ぼくの日』の5曲はウチの家内が作詞し、ボクが曲をつけていて、ほのぼの感が評判いいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る