故・佐藤公彦さんが語っていた音楽と生活“両立”の難しさ

公開日: 更新日:

 6月24日に心筋梗塞のため亡くなっていたシンガー・ソングライターのケメこと佐藤公彦さん(享年65)。

 1960年代末にフォークグループ「ピピ&コット」でデビュー。ソロに転じてから、中性的なルックスと独特のハイトーンボイスで女性ファンを中心に「フォーク界の貴公子」として絶大な人気を得た。俳優のあおい輝彦とコンビを組んだラジオトーク番組「あおい君と佐藤クン」は高い聴取率を誇り、8年も続く長寿番組となった。

 しかし、求められるアイドル性と自分のやりたい音楽とのギャップに悩んだ末に1979年のラストコンサートで活動休止。2009年に出演したNHK・BS2のフォーク番組をきっかけに活動を再開した。翌10年に日刊ゲンダイの連載「あの人は今こうしている」に登場し、吹っ切れたように、こう語っていた。

「去年から今年にかけて3枚のアルバムをリリースしました。活動休止中も曲作りは続けてたから、120曲ぐらいのオリジナルがありまして。2枚目の『ぼくの日』の5曲はウチの家内が作詞し、ボクが曲をつけていて、ほのぼの感が評判いいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る