故・佐藤公彦さんが語っていた音楽と生活“両立”の難しさ

公開日: 更新日:

 6月24日に心筋梗塞のため亡くなっていたシンガー・ソングライターのケメこと佐藤公彦さん(享年65)。

 1960年代末にフォークグループ「ピピ&コット」でデビュー。ソロに転じてから、中性的なルックスと独特のハイトーンボイスで女性ファンを中心に「フォーク界の貴公子」として絶大な人気を得た。俳優のあおい輝彦とコンビを組んだラジオトーク番組「あおい君と佐藤クン」は高い聴取率を誇り、8年も続く長寿番組となった。

 しかし、求められるアイドル性と自分のやりたい音楽とのギャップに悩んだ末に1979年のラストコンサートで活動休止。2009年に出演したNHK・BS2のフォーク番組をきっかけに活動を再開した。翌10年に日刊ゲンダイの連載「あの人は今こうしている」に登場し、吹っ切れたように、こう語っていた。

「去年から今年にかけて3枚のアルバムをリリースしました。活動休止中も曲作りは続けてたから、120曲ぐらいのオリジナルがありまして。2枚目の『ぼくの日』の5曲はウチの家内が作詞し、ボクが曲をつけていて、ほのぼの感が評判いいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る